読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パノラマロジック

好きすぎて胸が苦しいブログ

愛しいあの子の通学路が見たくてーFree!聖地巡礼の旅1

最近Twitterでアニメ「Free!」の話しかしなくなりました、ななりです。自分でも戸惑うほど猛烈にFree!にハマっています。昔からそこまで二次元にハマる体質ではなかったのですが、昨今のうたプリやらタイバニやらでじょじょにハマる素地が出来上がり、ここに来て爆発したのではないかと思います。「そのような世界があるとは知ってはいたし、友人の影響でかじったこともあったけど、まさか自分がハマるなんて夢にも思っていなかった世界」ということで男性声優の世界まで手を出し始めている始末。なぜ私はここに来てこれにハマった…?と考えたくなるものほど沼のようにハマっていきますよね(6年前はジャニーズもそんな感じだったよ)

勢いがつきすぎて人生で初めてアニメの聖地巡礼の旅をしてきました。手探りで行った観光でしたがすごく面白かったので、ブログ数回に分けて旅日記をつけることにします。

 

f:id:minaminanarial:20130925232915j:plain

夜行バスで東京から鳥取駅前へ。21:00に品川を出て6:00台に鳥取へ着いたので約9時間のバス旅でした。鳥取駅前は徒歩10分圏内に7:00からやってる銭湯がいくつかあるようなので助かります。私は10分ほど歩いて元湯温泉へ。こじんまりしてる静かできれいなお風呂でした。

お風呂の後は駅前に戻ってコインロッカーに荷物を預けて、朝ごはんを食べて、JRで岩美へ出発。ここで気づいた驚愕の事実が!鳥取駅から岩美方面に行く電車は1時間にだいたい1本しかありませんでした。タイミングによっては1本逃すと1時間半から2時間ないときもあるようです。電車で行く方は時刻表をきちんと調べたほうがよさそう。

岩美には10:00少し前に到着。

f:id:minaminanarial:20130925232937j:plain

駅のすぐそばにある観光協会で自転車を借りました。いろいろな場所を自分のペースでまわるので、晴れてる日は自転車がおすすめです。海辺の町を自転車で走る…これかなり気持ちよかった!

地図で見ると広いですが、だいたいこの青線のラインを自転車で走りました。

f:id:minaminanarial:20130925235423j:plain

駅を出てすぐ見えるのはあの、れすとはうすマロンもといロマン。

f:id:minaminanarial:20130920095622j:plain

まずは、帰省していた凛ちゃんが遙ちゃんとばったり出会うあの踏切へ。岩美駅を背にして走り出して、最初につきあたる信号を、左に行くとこの踏切に当たります。右へ行くと、海です。

f:id:minaminanarial:20130925232844j:plain

今度は海の方向へ走り出します。海へ行く道の途中で現れるのは、岩鳶高校の生徒の通学路!あのファミマ!

f:id:minaminanarial:20130920102719j:plain

さらにどんどん進んでいきます。途中、坂がありますが観光協会で借りられるのは電動アシストつき自転車なのでかなり快適。

そして浦富海岸に到着。ビーチインたけそうの近辺で見られるこの景色が、OPのまこちゃんの背景。アニメの背景通りには撮れなかったのですが、こんな雰囲気です。

f:id:minaminanarial:20130920105534j:plain

f:id:minaminanarial:20130920105636j:plain

そしてここが…まこちゃんとはるちゃんが毎朝通学のたびに見てる景色。愛しいあの子たちが毎日見てる景色!

f:id:minaminanarial:20130920111644j:plain

そしてここが、小学生の頃の凛ちゃんがまこちゃんとなぜかふたりきりで、「遙がなぜFreeしか泳がないのか?」を話し合った神社。

f:id:minaminanarial:20130920110900j:plain

f:id:minaminanarial:20130925234317j:plain

ここに幼い凛ちゃんとまこちゃんが座っていたわけですね。

私は海なし県育ちなので、海にくるだけでテンションあがってしまいました。聖地かどうかもう関係なくなってくる、ただただ気持ち良い海の風景。

f:id:minaminanarial:20130920113327j:plain

f:id:minaminanarial:20130920105813j:plain

調子に乗って砂に書いたI miss you

f:id:minaminanarial:20130920105955j:plain

<つづく>